レディ

今までと同じケアではダメ|30代から基礎化粧品を見直そう

有機素材で作る化粧品とは

美容液

オーガニック化粧品は農薬などの化学物質を使用せずに育てた有機素材で作った化粧品のことで、人工添加物を含まない無添加化粧品や天然由来成分を配合した自然派化粧品とは異なります。化粧品の中で最も刺激性が低く安全性に優れるので、敏感肌の方・肌荒れで悩んでいる方・乾燥が著しい方におすすめです。

もっと詳しく

30歳を過ぎた肌のために

女性

加齢肌対策を心がけて

30代になると、20代とは違った変化がお肌に現れるようになります。前の晩どんなに遅く起きていても、以前は一晩眠ったら、すぐに肌の疲れが取れていたのに、今は取れにくくなったということはありませんか。それから目尻にしわが現れやすくなった、口元の張りがなくなったという人もいることでしょう。正に、30代はお肌のターニングポイントなのです。このような時は、まず基礎化粧品を変えてみる、あるいは悩みに対応するアイテムを、プラスしてみるのがいいでしょう。ただし30代であれば、まだしわが深くなるとか、肌そのものが衰えてくるという年代ではありませんので、初期老化に対応する基礎化粧品、あるいは目尻のしわや口元に働きかけて、張りを与える美容液などが適しています。

スペシャルケアも効果あり

また普段のお手入れに、マスクやパック、マッサージなどのスペシャルケアをしてみるのも、30代の肌を活き活きと保つこつといえます。スペシャルケアは、基礎化粧品と同じシリーズがベストですが、違うシリーズでも構いません。特にマスクやパックは、シートやパック剤を顔に乗せている時のリラックス効果も大事です。週に1度か2度は、のんびりスキンケアする時間を持つようにしましょう。それからブースターと呼ばれる、導入液を使うのもお勧めです。これを使うことで、後で使う基礎化粧品の効果がより一層高まります。特にアンチエイジングのように、一定の目的を持った化粧品は、その効果を上げることで、見た目の年齢をかなり引き下げることができます。効果的なお手入れで、30代の肌をより美しく見せましょう。

安心を伝える

ウーマン

美容家電で業界をリードするヤーマンから、オンリーミネラルというブランドが発表されています。オンリーミネラル最大の注目ポイントは、マイカや酸化チタンなどミネラル100パーセントのコスメ用品というところです。

もっと詳しく

肌本来の機能を果たせない

レディ

敏感肌とは乾燥が原因で肌のバリア機能が低下し、外からの刺激を受けやすくなる肌質のことを言います。ちょっとした刺激でも肌にダメージを与えてしまうようになり、角質が荒れてしまうのです。化粧品によってはひりひりしたり、赤みがさしてしまったりします。

もっと詳しく